高松病院のご紹介

前期研修医募集

  • 特徴
  • カンファレンス

特徴

香川大学と岡山大学の協力型病院として2年目の内科・外科選択コース、地域医療の前期研修を行っております。
過去5年間で20名を超える前期研修医の指導実績があります。

当院の前期研修の特徴はcommon diseaseを多数経験し、入院から退院まで主治医として治療方針のdecision makingを行い、疾患の全経過をじっくり診る診療能力を養うことです。

また、専門医療に進む前の基本的、総合内科的、全人的な医療を身につけることを目的しております。
臨床推論に基づいたカンファランスやEBM Journal Clubの開催など先進的な教育を行っております。
前期研修医の先生方、是非、私たちと一緒に勉強しましょう。

このページの先頭へ

当院の文献検索システム

当院は全国35か所に存在する「国家公務員共済組合連合会」の系列病院です。系列病院では、共同して中央図書室を設置し、所属職員が誰でもインターネット上から文献検索を行うことができる環境を整備しております。利用にあたっては、院内のインターネット端末より、各ホームページへアクセスすることで即座に文献等を検索することができます。
(文献・電子ジャーナル検索等の種類は以下の通りです)
 このシステムは当院職員であれば自由に利用することができるため、先生方の研究発表などでも文献的考察を容易に行うことができます。

【当院で参照可能なシステム】

◆文献検索
 「PubMed(KKR専用)」
 「医学中央雑誌Web版」
 「JDream Ⅱ」

◆電子ジャーナル・電子ブック
 「Medline with Full Text」
 「Ovid Online」
 「Pro Quest Direct」
 「Books @ Ovid」(Harrisonをはじめ255のハンドブック・教科書が閲覧可能)
 「メディカルオンライン」
「Medical Finder」

◆EBM(二次資料)・電子リソース等  「Cochran Library」
 「Dyna Med」
 「Up To Date」(CD-ROMで入手可能)

(参照:国家公務員共済組合連合会 中央図書室:http://www.kkr-library.jp/

このページの先頭へ

カンファレンス

内科外科合同カンファレンス

内科外科合同カンファレンス

毎週木曜日午後5時より、総合内科、外科、消化器内科、呼吸器内科合同で、前週1週間の新入院患者の紹介と退院患者の報告を行っております。

内科から外科に紹介した術前症例、外科から術後症例のプレゼンテーションを患者担当医が行っております。

専門分野の異なる医師間で患者の問題点、治療方法について話し合い、診療の充実と互いのレベルアップに努めています。

EBM-Journal-Club

EBM-Journal-Club

毎週月曜日の朝8時から約30分間行っています。

目標は、「楽に長続きして論文を読むための公式の習得」です。

忙しい日常臨床の中、論文の批判的吟味を短時間で行い、効率良くエビデンスを収集する術が身につきます。

実績はこちら

2009/4/6
Telmisartan, Ramipril, or Both in Patients at High Risk for Vascular Events
NEJM 2008;358:1547-1559

2009/4/13
A 4-Year Trial of Tiotropium in Chronic Obstructive Pulmonary Disease
NEJM 2008;359:1543-1554

2009/4/20
Efficacy and safety of oseltamivir in treatment of acute influenza: a randomised controlled trial.
THE LANCET 2000;355:1845-1850

2009/4/27
Efficacy of Esomeprazole for Treatment of Poorly Controlled Asthma.
NEJM 2009;360:1487-1499

2009/5/11
Efficacy and safety of recombinant human acitvated protein C for severe sepsis.
NEJM 2001;344:699-709

2009/5/18
Emergence of a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans.
NEJM 2009;360:2605-2615

2009/5/25
Effects of early enteral feeding on the outcome of critically ill mechanically ventilated medical patients.
CHEST 2006;129:960-967

2009/6/1
Effect of clopidogrel added to aspirin in patients with atrial fibrillation.
NEJM 2009;360:2066-2078

2009/6/8
Clinical and radiographic outcomes of four different treatment strategies in patients with early rheumatoid arthritis (the BeSt study).
Arthritis Rheum. 2005;52(11):3381-3390

2009/6/15
Intensive versus Conventional Glucose Control in Critically Ill Patients
NEJM 2009;360:1283-1297

2009/6/22
Prospective Randomized Comparison of Imipenem-Cilastatin and Piperacillin-Tazobactam in Nosocomial Pneumonia or Peritonitis.
AAC 1998;42:2966-2972

2009/6/29
Early identification of intensive care unit-acquired infections with daily monitoring of C-reactive protein: a prospective observational study.
Critical Care 2006;10:1-8

2009/7/6
Comparison of ciprofloxacin (7days) and trimethoprim-sulfamethoxazole (14days) for acute uncomplicated pyelonephritis pyelonephritis in women: a randomized trial.
JAMA 2000;283:1583-1590

2009/7/13
A randomized trial of adjuvant chemotherapy with uracil-tegafur for adenocarcinoma of the lung.
NEJM 2004;350:1713-1721

2009/7/27
Computed tomography screening and lung cancer outcomes.
JAMA 2007;297:953-961

2009/8/3
Effect of n-3 polyunsaturated fatty acids in patients with chronic heart failure (the GISSI-HF trial): a randomised, double-blind, placebo-controlled trial.
LANCET 2008;372:1223-1230

2009/8/10
Integrating Health Status and Survival Data. The Palliative Effect of Lung Volume Reduction Surgery.
American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine 2009;180:239-246

2009/8/17
Benazepril plus Amlodipine or Hydrochlorothiazide for Hypertension in High-Risk Patients(ACCOMPLISH study)
NEJM 2008; 359:2417-2428

循環器回診

循環器回診

循環器疾患は日々病状が変化することが多いため、平日は毎日朝8:00より、循環器入院症例の回診をおこない、患者病状の把握、治療方針の再検討を行っています。
また冠動脈インターベンション症例については回診後に術前ブリーフィングを行い、困難な症例でもチームで問題点を解決するようにしています。

CT症例検討会

CT症例検討会

胸部画像読影の日本有数のエキスパートである香川県立保健医療大学看護学科教授の佐藤功先生を講師にお招きし、毎月第2木曜日19時から2時間に渡り開催しています。

実際の胸部CTをプロジェクターで供覧しながら、前半は前期・後期研修医を対象とした肺区域解剖の解説を、後半は相談症例の検討を行っています。

オープンな勉強会であり、近隣の病院施設からも参加可能です。

内科PBL(problem based learning)症例検討会

“今週の症例”と題し、病歴と身体理学所見、バイタルサインから診断を「臨床推論」する症例検討会を毎週月曜日に開催しています。研修医がそれぞれプレゼンターとディスカスタントを務め、各専門領域のスタッフドクターがアドバイスを交えながら自らの思考の過程を示し、鑑別診断を進めて行きます。

参加するだけで自然に各分野の最新の知見やclinical pearlを得ることが出来ます。

呼吸器科カンファレンス

毎週金曜夕刻に、入院症例を中心とした呼吸器疾患の症例相談・供覧を行っています。
また、気管支鏡検査の結果確認および予定症例の検査前プレゼンテーションも併せて行っています。

外科

研修医参加の手術風景

消化器、呼吸器を主に手術を行っています。
主治医であった症例が手術になれば、実際に手洗いして手術につくことができます。

手術に参加することにより、血液検査やCTなどの画像診断から想像していたものが、病巣を自分の目で見て手で触ることで確実なものとなり、より大きな知識を得ることができます。

個人情報保護方針

このページの先頭へ