診療科・部門のご案内

がん治療サポートチーム

特徴

がんになった時、病気のことだけでなく様々な悩みが出てきます。今後の治療のこと、痛み、体のだるさ、吐き気、気持ちの落ち込み、医療費のこと…。
ご家族の方も同じように、悩みを抱えながら毎日を送っておられるのではないでしょうか。
がん治療サポートチームは医師・看護師・薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカーなど、患者さんとご家族の多種多様な悩みと苦痛な症状に対応できるように様々な職種が関わって活動をしています。
患者さん一人ひとりに今まで過ごしてこられた生活背景があり、また病気に対する考え方や価値観も異なります。
当チームは病気だけにスポットを当てるのではなく、そういった患者さんの内面の部分にも目を向け病気を抱えながらもより穏やかな、かけがえのない生活を送れることを目標にしています。

              病棟回診の風景                              定例セミナーの風景

このような悩みがあればご相談ください

  • 不快に感じる症状がある(例えば、痛み・吐き気・呼吸が苦しい・身体のだるさ・食欲がでない等)
  • 不安、気分が落ち込む、不眠などのつらい症状がある
  • 治療費などの経済的な問題や福祉サービスの情報を知りたい
  • 在宅ケアを受けてみたい、など

ご相談がある方は病棟スタッフまでお声かけください。
患者さんのみでなく、ご家族の悩みにも対応しております。

活動内容(現在は入院中の患者さんとご家族に対して関わらせていただいております)

  • 週1回 水曜日16:00?病棟回診
  • 月1回 第2金曜日チームミーティング
  • 緩和ケア通信の発行 年6回
  • がん治療サポートチームセミナー開催(職員向け) 年3回
【平成23年度がん治療サポートチームセミナー】
第1回 2011年06月30日(金)

 テーマ 『緩和ケアってなぁに』、『チームのご紹介』

第2回 2011年12月02日(金)

 テーマ 『医療費について』、『胃がんの病態と化学療法』

第3回 2012年03月02日(金)

 テーマ 『痛みについて』

このように、スタッフが多くの知識をもって対応できるように勉強会を定期的に開催しております。

個人情報保護方針

このページの先頭へ