診療科・部門のご案内

院内感染対策委員会(ICC)/感染対策チーム(ICT)

  • 特徴
  • 院内感染対策
  • 活動内容
  • トピックス

特徴

H21年度ICTメンバー

院内感染という言葉が色々な場面で取り上げられていますが、当院では院内感染をなくそうと昭和62年から感染対策委員を発足し、活動をしております。

ICTでは、院内感染を防ぐべく患者さんや医療従事者の感染管理を行っています。メンバーは、医師(ICD1名含む)・看護師・薬剤師・検査技師・栄養士・事務員と全ての職種で構成しています。

病気になると抵抗力が弱くなり、健康な人よりバイ菌・ウイルスに感染しやすくなります。感染すると、せっかく治りかけていた病気が治りにくくなったり、悪化させたりします。患者さんに快適に、少しでも早く回復して頂くために、ICTメンバーは日夜ばい菌たちと戦っております。

このページの先頭へ

院内感染対策に関する取組事項

活動内容

高松病院では、下記活動を通して、患者さんやご家族の方、病院に勤める全職員が感染に悩まされず、安心して過ごせる様に日々努めています。
また、感染に対する意識を高め、院内感染ゼロを目指して活動を続けています。

院内感染対策委員会(1回/月)

サーベイランス(感染症監視事業)報告や、その時期の感染症の話題、医療現場からの問題点とその対策法などの話し合いや感染症に関する研修も行っています。

リンクナース(感染管理看護師)委員会(随時集合)

医療現場の感染管理としてサーベイランスの情報収集、院内感染防止のためのスタッフへの指導や情報提供などを行います。
また、今現場で起こっている事、困っている事があれば、話し合う場を作っています。
ICTニュースの作成・発行(随時)

病棟回診(1回/週)

感染症専門の医師・薬剤師・検査技師が定期的に病棟へ出向き、各病棟のリンクナースと一緒に、感染症患者さんの治療方法・抗菌薬の使用状況などをチェックして、適切な治療が行えるようアドバイスを行っています。

サーベイランス(感染症発生状況監視システム)事業

感染症発生率・MRSAおよび多剤耐性菌発生率・検出細菌集計・抗菌薬使用状況・薬剤耐性率を定期的に報告。
その他、術後管理のチェックや血管留置カテーテルの衛生管理状態のチェックに手術部位や血流感染症のターゲットサーベイランスも取り組んでいます。

院内研修

新採用者研修

手洗い、針刺し事故防止対策など

全職員研修

2~3回/年

委託向け研修

1~2回/年

学会参加

毎年開催されている日本環境感染学会に参加し、発表も行っています。

研修参加

県内・外で開催されるICT関連の研修に積極的に参加しています。

有資格者

職種

資格

人数

医師

インフェクションコントロールドクター(ICD)

2名

看護師

感染管理認定看護師(CNIC)

2名

臨床検査技師

感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)

1名

薬剤師

感染制御認定臨床薬剤師(BCPIC)

1名

このページの先頭へ

トピックス

新型インフルエンザについて

高松市内で、感染者の報告が少しずつ増えています。マスクの着用や手洗い・うがいなどを行うことで、感染を予防することが出来ます。感染しないよう心がけましょう。

食中毒

食中毒の起こりやすい季節になりました。生ものは、食中毒の原因となります。火を通せる物は出来るだけ火を通して食べるようにしましょう。また、体力が落ちている時も、食中毒を起こしやすくなります。適度な栄養・運動・睡眠をとりましょう。
※ 適度な睡眠には、個人差があります。昼間に眠気が起こらないのが、適度な睡眠です。調整しましょう。

個人情報保護方針

このページの先頭へ