診療科・部門のご案内

心臓血管ケアチーム(CCT)

  • 特徴
  • 活動内容
  • トピックス

特徴

心臓血管ケアチーム

心臓・血管系異常は不整脈や心筋梗塞、脳梗塞、末梢動脈疾患など様々な病態に関与しています。

日本人の死因では(2012年統計)心血管疾患で25.5%と、依然高い水準となっており、心血管疾患の予防や治療を含めた患者管理が重要とされています。

当チームは医師・看護師・臨床工学技士・理学療法士・薬剤師・栄養士・検査技師・放射線技師などの多種多様な医療従事者が患者情報を共有し、多方面から患者さんを見ることで、より高度な患者管理を行っています。

このページの先頭へ

活動内容

定例委員会

毎月1回CCTメンバーが集まり、各業務の変更・改善点や最新機器・治療情報をスタッフ間で確認し、患者さんへ安心安全な医療を提供しています。

院内スタッフの育成

全スタッフの心臓・血管に対する意識・知識を向上させることにより、各病棟においても、より質の高い患者管理ができると考えています

主な活動内容
 ・CCT院内勉強会(年間4回)
 ・定例委員会での症例検討、ミニレクチャー
 ・CCT合宿(年間1回)
 ・モニター心電図A級ライセンス取得に関する講義
 ・新人向けモニター勉強会

学会参加

日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心臓リハビリテーション学会など多くの学会に参加・発表を行っています

このページの先頭へ

個人情報保護方針

このページの先頭へ