診療科・部門のご案内

血液浄化療法センター(透析室)

  • 特徴
  • トピックス
  • 診療案内

血液浄化センターの特徴

急性期病院の中にある血液浄化センターで、保存期・透析導入期・透析維持期すべての腎不全患者さんに対応した治療が行えます。また、腎臓疾患の治療である基本的な透析だけでなく、他臓器疾患や血液疾患などに対するアフェレシス治療も多く行っています。
透析で使用する水は、現在国の定める最も厳しい基準を満たしており、体に負担の少ない透析治療を可能としております。OHDFやIHDFといった最新の治療も導入し、患者さん個々の状態に合わせた透析治療でADLの改善に努めています。
さらに、多職種で一つのチームとなり透析患者さんのサポートを行っていることも、当院の大きな特徴の一つです。医師はもちろんのこと、看護・ケアを中心とした看護師、機器・デバイス・シャントなどの管理・操作を行う臨床工学技士が常駐で勤務しており、他にも、食事管理・指導を行う管理栄養士、服薬管理・指導を行う薬剤師、リハビリ・運動療法を行う理学療法士、検査を行う臨床検査技師などが横断的に関与することで、透析の質の確保に努めております。

血液浄化センターの設備

透析ベッド数(床)

 19 

同時透析可能数(床)

 19 

急性期透析可能ベッド数(HCU・床)

 2 

セントラル透析装置(台)

 17 

個人用透析装置(台)

 2 

血液浄化装置(台)

 1 

LDL吸着専用装置(台)

 1 

※ 急性期ベッド使用時は血液浄化センターの装置を使用します

血液透析・アフェレシス治療の種類(施行実績のある一覧)

透析療法

アフェレシス療法

血液透析

HD

持続的血液濾過透析

CHDF

オフライン血液濾過透析

HDF

腹水濾過濃縮再静注法

CART・KM-CART

オンライン血液濾過透析

OHDF

単純血漿交換療法

PE

間歇補充型血液透析濾過

IHDF

二重濾過血漿交換法

DFPP

限外濾過

ECUM

エンドトキシン吸着

PMX-DHP

LDL吸着療法

LDL-A

白血球・顆粒球除去療法

GCAP・LCAP

※ 一覧にない治療法も対応しております、お気軽にご相談ください。

血液浄化センタースタッフ 所属学会・取得資格

血液浄化センター スタッフ

看護師

臨床工学技士

腎臓内科医師

6名

6名

1名

所属学会(コメディカル)

取得資格(コメディカル)

日本透析医学会

血液浄化専門臨床工学技士:1名

日本血液浄化技術学会

認定血液浄化臨床工学技士:1名

日本腎臓リハビリテーション学会

透析技術認定士:6名

日本フットケア・足病変医学会

NST専門療法士:1名

日本腎不全看護学会

感染管理認定看護師:1名

日本臨床栄養代謝学会

  

日本環境感染学会

  

血液浄化センターのトピックス

※ 各項目(+)を押すと詳細が表示されます。

VA(バスキュラーアクセス)治療・手術・管理
概要

VA(バスキュラーアクセス)とは、血液浄化を行う上で必ず必要なアクセスの総称で、シャント※1やカテーテル※2などの種類があります。VAが適切に管理されていること、不具合があった場合に早期治療を行うことが、質の高い透析治療を行うにあたり非常に重要となります。
当院では、シャント管理として超音波診断装置を用いたシャントエコーを行っており、血管の状態を迅速に詳しく検査することで、早期発見・早期治療に役立てています。

※1 透析でいうシャントとは手首の所で動脈、静脈を繋ぎ合わせ動脈の勢いのある血液を静脈にバイパスさせ流れさせる血管のことをいいます。
    血液透析では1分間に200ml/minの血液をポンプを使い体の外に取り出し人工腎臓で血液を綺麗にする必要があります。通常採血などで
    使用される静脈は1分間で50ml/min程度しか血液を取り出せないため、大量の血液が取れる血管を確保するためシャントが必要になります。

※2 透析で使用するカテーテルは短期留置、長期留置の2種類があります。これもシャントと同じ役割をするものです。
    透析患者さんはシャントもしくはカテーテルのどちらかを必ず有しており血液透析には必須のものとなります。

VA治療の主な流れ

VA(バスキュラーアクセス)

シャントエコー

シャントエコー

シャントエコーは、患者さん一人一人の血管状態に合わせた頻度で、定期的に行います。(検査は透析前に行います。)また、狭窄など不具合のあった際は、緊急で検査を行います。 検査自体は超音波を使用するため、痛みなどは全くありません。状況にもよりますが、検査時間は5~20分程度かかります。 場所はどこでも施行可能です。当院ではベッドや椅子に座って検査を行っています。

シャントPTA

血管に針を刺し、そこからカテーテルを挿入して、バルーンと呼ばれる血管を広げるための風船のようなものを入れ、狭窄した血管を内側から膨らます治療です。治療は血管造影室で行います。
血管造影装置を使用するため、エコーよりも詳細な血管画像を得ることができます。
治療時間に関しては、状態により大きく異なりますが、1時間程度となります。

VA(バスキュラーアクセス)

VA(バスキュラーアクセス)

シャント手術

シャントエコー

シャントPTAで治療が困難と判断された場合などは、手術室で血行再建術を行う場合もあります。
当院では、透析専門の腎臓内科医師が、導入期のシャント作成から維持期のカテーテル治療まですべて行っているため、様々なトラブルに対して対応が可能となります。

腎臓リハビリ療法
概要

腎臓リハビリとは、主に運動機能を向上させ、ADL(栄養面や心理面を含める)向上を目的とした腎不全患者さんに行うリハビリテーションでです。
当院では、血液透析患者さんを対象としたリハビリテーションを中心に行っています。
血液透析を行うころには、運動耐容能※3が非常に低下した状態になっていると言われており、筋力低下から寝たきりになることも少なくありません。当院では、少しでも元気に透析生活を 送ってもらえるような運動療法プログラムを腎臓リハビリチームが提案し、患者さんに実践して頂いています。

    腎臓リハビリ療法

※3 身体運動負荷に耐えるために必要な,呼吸や心血管系の能力に関する機能

腎臓リハビリチーム

腎臓リハビリチーム

理学療法士2名が患者さんの筋力に応じた運動処方を行い、臨床工学技士が透析中に運動療法を行う患者さんのサポートを行います。また、定期的に筋力測定や運動耐容能評価:CPX検査などを行い、常に個人の筋力に合わせた運動の実施を心がけています。

腎臓リハビリ方法

腎臓リハビリ方法

透析中にできる様々なタイプの運動方法を随時取り入れ実施しています。
定期的な検査で、身体状況を把握しながらプログラム作成しておりますので、透析中でも運動療法を安全に実施することが可能です。

下肢管理・フットケア治療
概要

血液透析患者さんは尿を作ることができなくなるため、血液中のリン濃度が上昇しやすく、全身の血管石灰化が過度に進みやすい環境にあります。
また糖尿病などの合併症からも動脈硬化が引き起こされるため、下肢血流不全(足の血流不足)に至る患者さんも多くみられます。

下肢管理・フットケア治療

下肢虚血が起こると、上図のような経過を辿り、最悪の場合下肢切断に至るケースがあります。糖尿病の透析患者さんは非糖尿病の透析患者さんに比べ、四肢切断率が高く、切断後の生存率が非常に低いという報告もあります。
下肢管理チームは、下肢虚血を早期に発見し、適切なケアや治療を行うことで、患者さんの下肢状態の維持に努めています。

下肢管理チーム

下肢管理チーム

日常的な下肢のチェック・ケア・処置を看護師、スクリーニングのための血流評価やLDL-Aを臨床工学技士が行っています。また、定期検査結果の管理は臨床検査技師が 行うなど、チーム医療の形態を作っています。早期に下肢虚血などを発見し、足の小さなトラブルから重症化しないようチームで患者さんを見守っていますが、血管の狭窄・閉塞が疑われる患者さんは 循環器内科医と連携してカテーテル治療に至ることもあります。

フットケア・チェック

フットケア・チェック

毎月、全患者さんの足の状態を観察し、経過記録をつけることで、治療に役立てています。胼胝や鶏眼の処置、白癬菌検査や爪切り、下肢の脈の状態観察など、患者さんごとにケアを実施しています。

LDL-A

LDL-A

LDL-Aとは、重症下肢虚血患者さんの血液中のLDLコレステロールを除去し、血液の流れを改善させる治療です。
下肢の血流を良くすることで、下肢切断に至る前に救済することを目的としています。

急性血液浄化・アフェレシス療法
急性血液浄化療法

急性血液浄化療法には、持続的血液浄化療法:CRRT(continuous renalreplacement therapy)と間歇的血液浄化療法:IRRT(intermittent renal replacementtherapy)の2種類の治療があります。
治療の使い分けは病気や状態により様々です。CRRTは緩やかに長時間(24時間以上)行う治療でIRRTは急速に短時間(4-5時間程度)で行う治療になります。

急性血液浄化療法

  ※血液浄化センターはIRRTのみ(集中治療領域はCRRT/IRRT込)
  ※血液浄化センター(緊急)は2018年度より集計(2019年度は4-10月分)

アフェレシス療法

アフェレシス(apheresis)はもともとギリシア語で「分離」を意味する言葉で、血液や血漿成分を分離する血液浄化療法をアフェレシスと呼びます。当院では様々なアフェレシス療法に対応しています。

アフェレシス療法

CART・KM-CART

CART(Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)は患者さんの腹腔内に溜まった腹水を抜いて、細菌や癌細胞など不要な成分だけを取り除き、体に返す治療です。
様々なCARTの手法がありますが、当院ではポンプを使用した陽圧式のCART、吸引を使用した陰圧式のKM-CARTの2種類を実施しています。

アフェレシス療法

ポンプ式CART回路は閉鎖式回路と呼ばれ、装置を使用して回路内を完全に密閉した状態を保ち、圧力監視を行いながら施行します。ポンプ速度で規定倍率を定めることができるため、濃縮倍率を確実に設定することが可能です。
KM-CARTは大きな機械は使用せず、吸引と小型ポンプ、回路のみで施行することができます。施行中に目詰まりした膜を手動でフラッシュ(洗浄)できるので、膜のランニングタイムを伸ばすことが可能となり、一度に多くの腹水を処理するのに適しています。

LDL-A

左図のようなバッグに腹水を採取し、その腹水から不要な成分のみを除去した後、約10倍に濃縮します。
こうして処理することで、患者さんの腹水中の有効成分であるアルブミンを、患者さんに点滴として投与できる状態にします。

PE

PE(Plasma exchange:単純血漿交換療法)とは、体外循環させた血液を血漿分離膜に通して血球と血漿を分離させ、血漿成分をすべて取り除き、それと同等量のFFP(fresh frozen plasma:新鮮凍結血漿)を補充するという治療になります。

アフェレシス療法

LDL-A

LDL-A(LDL吸着療法)とは、血液中に存在するLDLコレステロールや脂質を対象とし、分離・除去する治療法です。
血液中のコレステロールが高くなると、動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞など血管系の病気にかかるリスクが高くなります。
また家族性高コレステロール血症では、LDLコレステロールが原因で、皮膚やアキレス腱などに黄色腫などができる症例もあります。

LDL-A MA-03

チーム医療
概要

DAT(Dialysis Apheresis Team)という透析チームを2014年度に発足し、様々な職種が一つの透析チームとなり患者さんの治療に介入しています。チームは医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師で構成されており、各職種の特徴を生かした医療展開を行っています。
また、各病棟と連携し、入院患者さんの透析も円滑に行えるように心がけています。

血液浄化センター掲示板

透析通信

透析教室

2019年度DAT委員会メンバー

血液浄化センターの診療案内

 

午前 8:30-12:30

×

午後 12:30-終了迄

×

※ 旅行、帰省、出張など一時的な透析も随時受け付けております。
地域医療連携室(087-861-3261)までご連絡ください。

個人情報保護方針

このページの先頭へ